ウェディング

☆new☆ SHIZUKAさんのウエディングケーキ

SHIZUKAさんは、モデルをなさっているとっても綺麗なお嬢さん。華やかな雰囲気をお持ちだけれど、天真爛漫で周りを暖かくする雰囲気をお持ちです。
 ケーキに関しては、こういうものを作りたいというお写真を持ってきてくださったので、デザインはスムーズに決まりました。
 ご実家のある、青森でのお式ということで、送るのが心配でしたが、無事に到着したとのことで安心しました。

SONOKOさんのウエディングケーキ&受付用ケーキ
*7月26日挙式*

SONOKOさんからウエディングケーキを作りたいとお問い合わせをいただいたのは、春先のことでした。

まだ時間があったため、通常のレッスンを少し受けてから、ウエディングケーキの制作に取り掛かりました。
作るに当たってはケーキのイメージ写真や御本を持ってきていただいたので、とてもスムーズに進みました。

ただ、お式ぎりぎりまで、ケーキをお預かりしていたため、私のアメリカ旅行の帰国日がケーキのお渡しの日となり、万が一トラブルで帰ってこられなかったらどうしよう~と、少しひやひやしましたが・・・

ケーキ全体の写真。正面でなく、右からのアングルになっています。
一番下の段はカット用と言うことで、挙式後は残念ながら処分となりました。

SONOKOさんの美しい姿は残念ながらお見せできませんが・・・ブラッシュエンブロイダリーがとても凝ったつくりでしょ?

受付用のケーキ。持参された本のケーキデザインを、ほぼそのまま再現しました。ビビッドなな色使いがまたステキ!

AYANEさんのウェルカムボード
*4月20日挙式*

AYANE さんの、お姉さまと私が友人というご縁で、結婚式のウェルカムボードを姉妹揃って作りに来てくださいました。

披露宴のお色直しのドレスの色に合わせたピンクのグラデーションのバラ、それから新郎新婦と新婦が飼っていらしたホワイトハイランドウエストテリアを入れたいというリクエストでした。

作りたいものがはっきりしていらしたので、当日は3人で手分けして制作にかかりました。姉妹でいろいろ相談しながら、制作している姿は、女きょうだいのいない私にとってはうらやましいものでしたよ。

当日は、ずうずうしくも2次会にお邪魔させていただき、幸せそうなお二人の姿も拝見することが出来ました。

どうぞ、末永くお幸せに~。

FUMIEさんの妹さんへ贈るクロッカンブッシュ

Fumieさんは、妹さんのためにクロカンブッシュに飾るバラを作りたいとのことで、お見えになりました。
余裕を持って連絡くださったので、練習のレッスンと本番のレッスンの時間をとることが出来ました。

バラの色は妹さんのドレスの色に合わせた、シックなワインレッドです。結果、この色にして大正解だったようです!
クロカンブッシュは、Fumieさんが式の前に仕事を休んで作られた超力作。どんなスーパーパティシエの作ったものより、すばらしいと思いませんか?

ご本人は恥ずかしいということで、マスコットの「リブちゃん」が、一緒に写ってくれています。

AKIKOさんのお姉さまへ贈るウエディングケーキ
*12月11日挙式*

Akikoさんはお姉さまのためにウエディングケーキをプレゼントしたいという事で、11月の中旬すぎにご連絡をいただきました。
式までもう1ヶ月を切っていましたが、集中的にお仕事がおやすみの日にレッスンに来ていただいて、12時間(3回)のレッスンで完成しました。

サイズはあまり大きくないのですが、3段のピンクの フリルとバラの仕上がりがとてもきれいで、完成度の高いケーキが出来上がりました。薄いピンクの色がとっても初々しくて、かわいいケーキだと思いませんか?

レッスンにいらしていることはお姉さまにはヒミツで、びっくりさせたいということでしたが、きっとお姉さまは大感激されたのではないでしょうか。。。

どうぞ末永くお幸せに♪

HOROKOさんのご両親へ贈るシュガーフラワー
*10月9日挙式*

お互いのご両親へ贈る感謝の花かご。バラをメインに、ご両親の好みの花や色でとても素敵に、豪華に出来上がりました。シュガー初心者なのに、とても上手で、特にスプレーカーネーションなどまるで本物のようでした。この他に披露宴のお客様へのプチギフトとして、女性の方へはシュガーボックス、男性の方にはアイシングでデコレーションした角砂糖、あわせて70個も手作り。写真が無いのが残念ですが、そちらもかわいく出来ました。